神道夢想流杖術、全日本剣道連盟杖道につきましては、

以下のホームページの解説が参考になると思います。

 

東京都剣道連盟 杖道部会

神奈川県剣道連盟 杖道部会

福岡県剣道連盟 杖道部

 

〈入間川杖道会の稽古内容〉

1、全日本剣道連盟 杖道

 

第二次世界大戦の敗戦後(1945、昭和20年8月15日)、

剣道は軍国主義を助長するものとして、GHQ(連合国軍総司令部)に禁止されます。

数年間の交渉の末に解禁され、1952年(昭和27年)には全日本剣道連盟が結成されます。

あまり知られていませんが、全日本剣道連盟は剣道だけの団体ではなく、

剣道、居合道、杖道の3つの武道を統括する団体です。(居合道、杖道とも昭和31年の加盟)

 

※わたくし(高羽)も小学3年生から大学卒業まで剣道をしていましたが、

杖道が全日本剣道連盟の一員であることは、紘武館道場への入門(1989、平成1年)まで

知りませんでした。

 

逆に一時期、全日本剣道連盟の一員であった「なぎなた」は、

全日本剣道連盟から分離独立し、「全日本なぎなた連盟」を設立しています。(昭和30年)

 

全日本剣道連盟には、12本の杖道基本と、12本の杖道形があります。

それらは、「神道夢想流杖術」の60数本の形の中から選ばれ採用されました。

 

全日本剣道連盟では、「剣道の理念」を

「剣道は剣の理法の修練による人間形成の道である」

と謳っています。また、「竹刀の本意」として、

「竹刀という剣は、相手に向ける剣であると同時に自分に向けられた剣でもある」

としています。

これらの理念は、そのまま「杖道」にも当てはまります。